ママ

ポイントは“脱ほっこり”。妊婦でもオシャレに見えるマタニティコーデ術

妊娠6ヶ月頃になると、おなかが目立ち始めて、妊娠前の服が着られなくなりますよね。

最近では、おしゃれなマタニティ服も増えて、選択肢の幅が広がっています。

でも、マタニティ期間はほんの一瞬。なるべくなら、産後も「本当に使える」服で、おしゃれを楽しみたいですよね。

今日は、私が3度の妊娠・出産(現在、第三子を妊娠中。妊娠9ヶ月)を通して感じた、マタニティコーデのポイントについてお話したいと思います。

ABOUT ME
mariko
mariko
パーソナルカラーと骨格診断をベースに、 本来のナチュラルな魅力を引き出すためのファッションアドバイスを行っています♣︎ 診断・お買物同行をご希望の方はMenuから♠

キーワードは“脱ほっこり”

妊娠すると、目まぐるしく体調や体型の変化が起こります。
6ヶ月頃から、おなかが目立ち始め、からだの重心バランスが下がり始めます。

ファッションも、おなかをカバーするために、ワンピースやチュニックに、レギンスやマタニティデニムを合わせる着こなしが増えますよね。

そんなときに気を付けたいのが、妊婦さん特有の“ほっこり”コーデにならないようにすること。
重心が下がり、姿勢も悪くなってくると、どうしても全体的に丸いシルエットになりがち。
特に、カジュアルコーデになると、“ほっこり”し過ぎて、あか抜けて見えない・・・そんなパターンに陥りやすいのですが、ポイントを押さえれば大丈夫。“妊婦に見えない”“脱ほっこり”コーデを作ることが出来ます。

次の章からは、具体的な方法をお伝えします。

縦長の“Iライン”を意識する

下重心になったからだのバランスを整えるには、縦長の“Iライン”を作ることが大事。

最も活躍するのは、やはりワンピース。出来るだけシンプルで、シルエットがきれいなものを選びましょう。

お仕事をしている方は、平日はジャケットを羽織って、休日はカジュアルダウンさせたコーデで、と着回しがききます。
カジュアルダウンさせるときは、レギンスやパンツと合わせて、レイヤードを楽しみましょう。

私のワンピースコーデの一例は、こちら。
ボトムをそれぞれ、ワイドパンツ/マキシ丈スカート/スキニーデニムで替えて。

ちなみに、シャツワンピースは、産後の授乳期間にも大活躍するので、特におすすめ。
ワンピースとしてだけでなく、前ボタンをすべて開けて羽織としても使え、コーデの幅が広がります。

それから、マキシ丈(くるぶしまで隠れる丈)のスカートもおすすめ。トップスをコンパクトにまとめつつ、縦長ラインを作れます。
スカートの場合、どうしても、おなかの膨らみの分、前側の裾が少し上がってきてしまいますが、マキシ丈なら気にならない点も◎。

マタニティ用でなくても、ウエストがゴム仕様になっているものがたくさん出ているので、チェックしてみましょう。
私がInstagramに掲載しているコーデのスカートはすべて、いつも購入するブランドで見つけた、ウエストがゴム仕様のものです。

ジャンパースカートやオールインワンでトレンドも楽しむ

最近の妊婦さんにとって嬉しいのは、ジャンパースカートやオールインワンのトレンド。
おなかの膨らみを気にせず、今っぽい着こなしが楽しめますよね。

前章でお伝えした縦長の“Iライン”を自然と作ってくれるので、積極的に取り入れてほしいアイテムです。

ただ、そのままではシンプルすぎて、野暮ったい印象になってしまう場合も。帽子、ストール、バッグなどの小物で、少しコーデを“盛って”あげるとよいでしょう。

妊娠中でもトレンドを取り入れることで、“脱ほっこり”が叶います。

また、これは、余談ですが、パンツタイプのオールインワンは、産後のだっこ紐スタイルになったとき、外出先でのお手洗いで着脱が大変で困った経験がありました。
子どもが小さいうちは、ジャンパースカートの方が断然重宝します。

小物で、コーデにスパイスを加える

妊娠中は、どうしても着られる服が限られ、コーデがマンネリ化してしまうのも事実。
その解決策は、小物で変化をつけること。

いつもの足元がスニーカーなら、ある日はパンプスに。
ストールや帽子で印象を変えてみたり。
ときには、赤色のバッグを合わせてみたり。

服がシンプルだからこそ、小物次第で、きれいめもカジュアルも自由自在、“ほっこり化”も回避することが出来ます。

「プチプラだから」と安易に買わない

一番、やってしまいがちなのが、「安いし」「どうせ今しか着ないし」と、ファストファッションで安易に買ってしまうこと。

特に、柄もののワンピースやチュニックなどのアイテムは要注意です。
なぜなら、柄ものは飽きやすく、ムダな買い物になる可能性が高いからです。

不思議なもので、妊娠すると、ホルモンバランスの変化で母性が高まるからか(?)、妊娠前には選ばないような花柄や“ほっこり”な柄のものを手にとりたくなることがあります。
私も上の子ども達のとき、産後になって、「あのとき、どうしてこんな柄やデザインを買ったんだろう?」と、結局処分してしまった服が何着かありました。

基本は、妊娠前と同じ。値段に関係なく、「本当に自分に似合うものを選ぶ」ことが大切です。

どんなに時間がなくても、顔回りは華やかに

これは、マタニティ期に限らずですが、どんなに忙しくても、時間がなくても、顔回りだけは気を遣いましょう。

例えば、ベースはナチュラルメイクでも、口元にはリップで赤みを。
子どもがまだ小さいから大ぶりのピアスは無理でも、小さくても輝く一粒を。

きっと多少手抜きのコーデでも、ほっこりせず、きちんと感を保つことが出来るでしょう。

最後に

いかがでしたか?

ほんの少ししかないマタニティ期。でも、せっかくなら、そのときにしか出来ないファッションも楽しみたいですよね。

Instagramで日々のコーディネートを発信していますので、ぜひのぞいてみてください。

※私のInstagramはこちらです!

ファッションにお悩みの方へ
パーソナルカラー診断,骨格診断

「自分に似合うファッションやメイクがわからない。オシャレになりたい」

そんな方は、ぜひパーソナルカラー診断と骨格診断を受けてみませんか?

自分に似合う色と骨格タイプがわかると、どのようなファッションやメイクが似合うのかがわかります。ご自分のナチュラルな魅力を引き出すことができます。

ご興味がおありの方は、ぜひ下記のページからお申し込みください。

パーソナルカラー・骨格診断
お申し込み